2020年7月20日、株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)が提供するコンサルティング型広告運用サービス「Feedmatic」は、スマートニュース株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役会長兼社長 CEO:鈴木 健、以下「スマートニュース」)が運営するニュースアプリSmartNewsにてダイナミック広告が配信できるSmartNews Dynamic Adsの取り扱いを開始いたしました。

SmartNews Dynamic Adsは、2018年からスマートニュースとフィードフォースの協同で特定の業界に絞ってβ版テスト配信をおこなっておりましたが、今回の本ローンチとともにECを含む全業種で広告出稿が可能となります。※1

1 C2Cサービス、クラウドファンディングサービスについては配信不可となっています。また、SmartNews Dynamic Ads の出稿にはスマートニュース社による審査が必要です。

SmartNews Dynamic Adsについて

SmartNews Dynamic Adsは、ニュースアプリNo.1のシェアを誇るSmartNewsのタイムライン上に、アイテム単位でユーザー1人1人に最適なクリエイティブを配信できる広告メニューです。β版の提供では特定の業界に絞ってテスト配信をしておりましたが、今回新たに業界の縛り無く出稿が可能となっています。

SmartNews Dynamic Adsの実施について

SmartNews Dynamic Adsを出稿する際、SmartNews Dynamic Adsのフォーマットに合わせたデータフィード構築・最適化が必要になります。コンサルティング型広告運用サービス「Feedmatic」では、広告運用からデータフィードの最適化、タグ・パラメータ設計まで一気通貫で企画・運用し、SmartNews Dynamic Adsの成果最大化を実現します。

SmartNews Dynamic Adsの実施に関するお問い合わせは、下記URLよりお問い合わせください。
・Feedmatic お問い合わせ :https://feedmatic.net/contact/
広告掲載にあたって審査がございます。予めご了承ください。

Feedmaticでは今後も、EC、人材、不動産業界などの幅広い業界の広告運用において蓄積してきたデータフィード広告運用実績やノウハウ、技術力を活かしながら、データフィード広告の効果を最大限発揮する最新機能を積極的に取り入れ、広告効果の向上に努めてまいります。

コンサルティング型広告運用サービス「Feedmatic」について

「Feedmatic」は、各種アドテクノロジーサービスを開発してきた技術的な強みを活かし、デジタル広告の企画、設計、運用を行うフィードフォースの広告運用代理事業です。

EC・人材・不動産・旅行業界といった大量のデータを活用する業界を得意とし、主にダイナミック広告/データフィード広告を軸に、お客様の事業理解にもとづいた広告戦略の提案・実行・改善を行っています。

広告運用コンサルタントが、お客様のマーケティング戦略の一部を担うパートナーとして併走し、KPI達成のために最適な媒体選定、広告設計といった広告戦略の立案から、タグ・データフィードの管理、広告運用、検証、改善までトータルで対応することで、効果を最大化します。

【株式会社フィードフォース 会社概要】

株式会社フィードフォースは、データフィード・構造化データ・ID連携といったテクノロジーを駆使したマーケティング支援サービスを開発・提供しています。当社は 2019年7月に東京証券取引所マザーズ市場へ上場しました。今後も、「働く」を豊かにする。~B2B領域でイノベーションを起こし続ける~ というミッションのもとB2B領域で企業の生産性を高めるサービスを提供し、ビジネスをより創造性溢れるものに変えていきます。

会社名:株式会社フィードフォース
所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F
代表者:代表取締役 塚田 耕司
事業内容:データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / ソーシャルメディアマーケティング関連事業 / その他事業
Webサイト:https://www.feedforce.jp/

< 本件に関するお問い合わせについて>

株式会社フィードフォース
担当:松元
E-mail:pr@feedforce.jp