株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)は、LINEを活用したフルファネルマーケティング支援サービスの提供を開始いたしました。

LINE Ads Platformの大規模リニューアルの発表や、法人向けLINEアカウント統合及び新プランの発表など、LINEを活用したマーケティングの可能性はますます広がっています。

そこで今回フィードフォースでは、LINEを活用した集客(LINE Dynamic Adsの運用・LINE Dynamic Ads用のデータフィード構築)からCVRの向上(LINEログインを活用した会員登録の簡略化)、UXの向上(LINEオートログインを活用した再ログイン最適化)、LTVの最大化(ID連携の促進とOne to Oneコミュニケーション)まで支援するサービスを開始いたします。

これにより、LINE Dynamic Adsを活用したサイトへの集客・LINEログインによるCVR・UXの向上・ID連携の促進とOne to OneコミュニケーションによるLTVの最大化が実現できます。

LINEフルファネルマーケティング支援パッケージ提供サービス

現在弊社が提供している各サービスから、課題に応じて最適なLINE活用法を提案いたします。

  1. LINE Dynamic Adsの運用(Feedmatic
  2. LINE Dynamic Adsのデータフィード構築(DF PLUSdfplus.io
  3. LINEログインの実装支援(ソーシャルPLUS
  4. ID連携の促進とOne to Oneコミュニケーション(ソーシャルPLUS
  5. 上記実装の支援、コンサルティング

お問い合わせについて

LINEを活用したフルファネルマーケティング支援サービスの詳細をご希望の方は、下記よりお問い合わせください。

フィードフォースでは今後も、LINEをはじめとする様々なプラットフォームにおけるデジタルマーケティングソリューションの提供とその支援を通じ、企業のさらなる売上拡大に貢献してまいります。

LINE株式会社が登壇!2018年12月18日(火)『日本最大級のデータフィード専門イベント FeedTech2018』について

FeedTech2018のLINE社セッション(メイン会場 13:15~)で『LINEにおけるデータフィードの活用シーンと今後の可能性』をテーマにご講演いただきます。

▶︎イベントの詳細・お申込みはこちら:https://feedtech.net/

コンサルティング型広告運用サービス「Feedmatic」について

「Feedmatic」は、フィードフォースが各種アドテクノロジーサービスを開発してきた技術的な強みを活かし、機械学習による効果最大化を前提とした広告運用の企画・設計・運用を行うサービスです。EC・人材・不動産・旅行業界といった大量のデータを活用する業界を得意とし、主にダイナミック広告/データフィード広告を中心に、広告運用及び企業内でのインハウスの広告運用支援を行っています。

【株式会社フィードフォース 会社概要】

株式会社フィードフォースは、データフィード・構造化データ・ID連携といったテクノロジーを駆使したマーケティング支援サービスを開発・提供しています。当社は 2019年7月に東京証券取引所マザーズ市場へ上場しました。今後も、「働く」を豊かにする。~B2B領域でイノベーションを起こし続ける~ というミッションのもとB2B領域で企業の生産性を高めるサービスを提供し、ビジネスをより創造性溢れるものに変えていきます。

会社名:株式会社フィードフォース
所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F
代表者:代表取締役 塚田 耕司
事業内容:データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / ソーシャルメディアマーケティング関連事業 / その他事業
Webサイト:https://www.feedforce.jp/

< 本件に関するお問い合わせについて>

株式会社フィードフォース
担当:松元
E-mail:pr@feedforce.jp