こんにちは。Feedmatic広告運用コンサルタントの中嶋です。

皆さん、Instagramの検索機能がどんどん進化していることはご存じですか?

広告だけではなくオーガニック機能も活用していきたいですよね。

今日はInstagramでのユーザーへのリーチを最大化するためにどのように検索機能を活用できるか、その仕組みをもとに解説します。

Instagramの検索機能とは?

そもそもInstagramの検索機能とは?という方に向けて検索機能について紹介します。

Instagramでは、発見タブの上部にある検索窓を使って興味関心のあるコンテンツやアカウントの検索ができます。これが検索機能です。

Instagram 検索
Instagram 検索

検索結果にはユーザーが入力した検索語句をもとに検索が可能なキーワード、アカウント、ハッシュタグや場所が表示されます。

また、検索結果上部のそれぞれのアイコンをタップすると、アカウント、音源、ハッシュタグ、場所それぞれの結果のチェックができます。

ユーザーは見つけたいアカウント名や気になるハッシュタグを検索し、アカウントやハッシュタグのついた投稿を見つけることが可能です。

日本のユーザーは他国平均と比較してハッシュタグ検索の使用数が5倍と発表されており、Instagramでの検索はユーザーが新しいコンテンツと出会う際の重要な接点となっています。

参照:House of Instagram Japan 2021より

2021年は検索機能が大幅進化!位置情報やキーワード単位での検索が可能に

2021年はInstagram検索機能でいくつかのアップデートがありました。
大きなアップデートを2つご紹介します。

2021/9 地図検索機能が使用可能に

2021年9月以降、位置情報を利用した地図検索機能の使用が可能になりました。

位置情報の使用をInstagramに許可すると、現在地と近い場所情報が紐づいている投稿をマップ上で見ることができます。

Instagram 地図検索

また、位置情報を許可しない場合でも、地図上でエリアを指定すれば場所情報やその場所情報を紐づけた投稿を閲覧できます。

Instagram 地図検索

この機能によって、ユーザーはより簡単に人気スポットや映えスポットを探せるようになりました。

2021/11 ハッシュタグだけでなくキーワードでの検索も可能に

2021/8に開発が示唆されていたキーワード検索が11月以降日本でも使用可能になり、検索結果最上部に表示されるようになりました。

正確なローンチ情報は出ていませんが、11月以降検索機能を使用するとハッシュタグやアカウントだけでなくキーワード検索結果も表示されるようになったことを筆者も確認しています。

Instagram キーワード検索

キーワード検索の検索結果には、Instagramが関連性の高いと判断した投稿が表示されます。

キーワード検索が可能になったことで、Instagarmの検索機能はアカウントや検索したハッシュタグが使用されている投稿を探すだけの機能から、よりユーザーの興味に対して最適な検索結果を表示できる機能となりました

これまではInstasgarmで検索機能を活用するためには見つけたい投稿が使用しているハッシュタグを明確に把握している必要がありました。

例えば、東京都で美味しいランチを探す際ユーザーは「#東京ランチ」を検索して、「#東京ランチ」がついた投稿だけが表示されていました。

Instagram ハッシュタグ検索

キーワード検索機能により、「東京 ランチ」と検索すれば、「#東京ランチ」がついていない投稿でもInstagramが関連性があると判断した投稿が、検索結果に表示されます。

Instagram キーワード検索

InstagramでもGoogleやYahoo!のようにユーザーは思いついたままのキーワードを検索すれば、そのキーワードに関連した写真や動画を簡単に見つけられるようになったのです。

まだキーワード検索に対応しているキーワードには限りがある状態ですが、今後徐々に対応キーワードは増えていくと言われています。

日本ユーザーはすでにハッシュタグ検索を活用していることから、この検索機能の進化はよりInstasgarmでの検索を加速させると想定されます。

コンテンツが自動的に配置されるおすすめやリールと違い、検索機能はユーザーが能動的に手に入れたい情報がある際に使用されます。

コンテンツやアカウントのリーチを最大限伸ばすためには、ユーザーの検索を逃さず獲得できるように意図したキーワードで検索結果へ表示させることが必要です

では、意図したキーワードで検索結果に表示させるためにはどうすればよいのでしょうか。
ここからはInstagramの検索結果の決まり方を踏まえて検索機能の活用方法をご説明します。

Instagram検索機能の仕組み

Instagarmでは検索結果を左右するシグナルが4つあります。
ここではそれぞれについて説明していきます。

検索に使われたテキスト

検索バーに入力したテキストが検索機能では特に重要なシグナルになります。

テキストが照合される範囲は、アカウント名、ユーザーネーム、自己紹介、キャプション、ハッシュタグ、場所になります。

それぞれの範囲とユーザーの使用した検索キーワードが照合され最適な検索結果が表示される仕組みになっています。

Instagram検索機能の仕組み

ユーザーのアクティビティ

ユーザーがフォローしているアカウント、表示した投稿、他のアカウントとの過去のやり取りなどが該当します。

通常、フォローや訪問しているアカウントやハッシュタグが検索結果の上部に表示されます。

人気度シグナル

大量の検索結果があり得る場合、人気度シグナルも考慮されます。俗にいうエンゲージメントがこれにあたります。

投稿やアカウント、ハッシュタグ、場所に関するクリック数、いいね数、シェア数、フォロワー数などが含まれます。

投稿日時

検索結果に表示される投稿に関しては、その投稿がいつ行われたかという時間軸も影響します。

例えば、ハッシュタグ検索の場合「トップ」の検索結果には直近1週間の人気の投稿が表示される仕組みになっており、「最近」のタブではハッシュタグのついた投稿が時系列で表示されます。

Instagram検索機能の仕組み

Instagramでの検索機能を活用するコツ

上記を踏まえ、検索結果で表示されやすくするために工夫できることを紹介します。

適切なアカウント名やユーザーネームを使用する

前述した通り、Instagramの検索機能ではユーザーが使用した検索ワードが最重要視されます。

そのため、アカウント名やユーザーネームはユーザーが検索ワードとして使用する可能性の高いシンプルなものにしましょう。

また、検索結果画面にはアイコンとアカウント名、ユーザーネームのみが表示されるため、一目でユーザーが判断できるアイコンにすることも重要です。

関連するキーワードは自己紹介スペースでしっかりと使用

検索機能で照合されるのは、アカウント名やユーザーネームだけではありません。

自己紹介文や投稿のキャプション、ハッシュタグも対象となるため、関連するキーワードやハッシュタグは自己紹介文や普段の投稿にも記載しましょう。

投稿数の多いハッシュタグを活用

検索結果のハッシュタグには、それぞれのハッシュタグが使用されている投稿数が表示されます。

投稿数が多い人気のハッシュタグはユーザーにも馴染みがあり、検索されやすいと想定されます。

また、Instagramではハッシュタグのフォロー機能がありフォローしているハッシュタグで新しい投稿があると、フォロワーのフィードにその投稿が表示される仕組みになっています。
ハッシュタグのフォロワー数を確認することはできませんが、自身の投稿と関連性が高く一定数以上の投稿がすでにあるハッシュタグの活用で投稿のリーチをより広げることができます。

日本人はハッシュタグを使った検索が他国と比較して5倍多いので、ハッシュタグの活用は押さえておきたいですね!

関連する場所がある場合は、投稿に場所情報を紐づける

地図検索機能のリリースにより、場所情報の活用方法が広がっています。投稿に関係する場所がある場合は、しっかりと紐づけを行いリーチを最大化しましょう。

人気アイテムは定期的に投稿

ハッシュタグや場所の検索結果は時系列で並び変えが可能なため、人気アイテムは定期的に投稿すると良いでしょう。

ただ、同じアイテムの投稿頻度が多いとエンゲージメントが低下してしまう可能性もあるためあくまでもユーザーファーストを心がけることが大切です。

Meta社のガイドラインを遵守

Instagramでは、おすすめや検索結果に表示するコンテンツに一定の基準を設けています。
おすすめに関するガイドラインが公開されているので、違反に該当しない運用を行いましょう。

最後に

Instagramの検索機能の仕組みや活用方法を解説しました。少しでも皆さんのお役に立てていたら幸いです。