こんにちは!フィードフォースで広告運用コンサルタントをしている里村です。

ECショップをもっと多くの人に知ってもらいたいけれど、どうやって知ってもらえば良いかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回はそんな皆様にGoogleショッピング広告の概要と出稿方法をご紹介します。

今回は、商品情報の登録をGoogleスプレッドシートで行い、通常のショッピングキャンペーンを用いた出稿方法について解説していきます。

Googleショッピング広告とは

小売事業者向けに用意されたGoogle広告のメニューで、Google検索の検索結果に広告が表示されます。PC/スマートフォン問わず広告の表示順位が検索結果よりも上であることが大きな特徴です。

Googleショッピング広告
Googleショッピング広告 検索結果より上位に表示される

どのような検索語句やユーザーに対して広告が表示されるかは、Google Merchant Center(マーチャントセンター、GMC)に登録した商品のタイトル、商品詳細、画像などの商品情報からGoogleが自動的に判断しています。

例えば、Googleショッピング広告やスマートショッピングキャンペーン、無料リスティング、Google 動的リマーケティングなどはGoogle Merchant Centerに登録した商品情報を活用しています。

Googleショッピング広告の特徴やメリット、Google Merchant Centerに関する詳細は以下の記事をご覧ください。

Googleショッピング広告を掲載するには?

Googleショッピング広告を出稿するには商品データ(フィード)を登録・管理するGoogle Merchant CenterとGoogle 広告の設定が必要になります。

各論に入る前に、Googleショッピング広告出稿に必要な手順を以下に図示しました。

Googleショッピング広告出稿に必要な手順
Googleショッピング広告出稿に必要な手順

このように出稿までに以下のステップが必要になります。

  1. Google アカウントを用意
  2. Google Merchant Centerの設定
    1. oogle Merchant Centerのアカウントの作成
    2. ウェブサイトのアドレスを登録
    3. ウェブサイトの所有権の確認
    4. Webサイトのアドレスの申請
  3. Google Merchant CenterとGoogle広告のアカウント連携
  4. 広告計測タグの設置
  5. 商品データ(フィード)の作成
  6. Google Merchant Centerに商品フィードを登録
  7. Google広告でショッピングキャンペーン作成

それでは一つずつ見ていきましょう。

Googleアカウントを用意

Google Merchant CenterとGoogle広告を利用するためには、Googleアカウントが必要です。未だGoogleアカウントをもっていない場合は、accounts.google.com で作成します。

Google Merchant Centerの設定

Google Merchant Centerをはじめて利用する際に必要な、Google Merchant Centerアカウントの作成とオンラインショップの情報を登録します。

Google Merchant Centerのアカウント作成

Google Merchant Center にアクセスし、「始める」をクリックしましょう。

ここでいくつかの設定を行います。

  • お店とサービスの情報の入力 ※後から編集可
    • ビジネスの名前
    • 店舗の国
    • タイムゾーン
  • ユーザーの購入手続きはどこで行うか ※後から編集可
    • 自社のウェブサイト
    • 実店舗
  • 利用規約への同意

ページ一番下の「アカウントを作成」をクリックするとアカウントが作成されます。

Google Merchant Centerのアカウント作成
Google Merchant Centerのアカウント作成

ウェブサイトのアドレスを登録

Google Merchant Centerにオンラインショップの URL(ウェブサイトのアドレス)を登録します。

→右上の設定(歯車のアイコン)>「ビジネス情報」>「ウェブサイト」タブを選択し、
オンラインショップの URLを入力します。このURLは、設定者自身が所有し、管理しているドメインを使用します。

Google Merchant Centerの設定ビジネス情報
Google Merchant Centerにオンラインショップの URL(ウェブサイトのアドレス)を登録

ウェブサイトの所有権の確認と申請

ウェブサイトの所有権の確認とは、第三者による登録を防ぐ目的で、Google Merchant Centerに登録するオンラインショップのURLを実際に管理・所有していることを証明するプロセスです。

ウェブサイトの所有権の確認方法は以下の4つがあります。

  • ウェブサイトにHTMLタグを追加する
    サイトのインデックス ページの HTML コードを編集できる場合は、サイトのホームページにメタタグ(HTML コードの行)を追加することで、ウェブサイトの所有権の確認を行うことができます。
    所有権の確認後も、タグを削除しないように注意しましょう。
  • HTMLファイルをアップロードする
    サーバーに新しいファイルを追加できる場合は、Googleが用意したHTMLファイルのアップロードで所有権の確認ができます。
    この場合も、所有権の確認後、HTMLファイルを削除しないように注意しましょう。
  • Google Tag Managerを利用して確認する
    Google タグマネージャーのアカウントレベルの管理者である場合に利用できます。
  • Google Analyticsを利用して確認する
    Google アナリティクスを使用していて、そのアカウントに対する「編集」権限がある場合に利用できます。
ウェブサイトの所有権を確認する方法
ウェブサイトの所有権を確認する方法(画像引用:ショップのウェブサイトの所有権の確認と申請を行う|Google Merchant Center ヘルプ

上記方法でウェブサイトの所有権の確認を行った後、
ウェブサイトの申請を行います。(右下の [ウェブサイトを申請] ボタンをクリック)

それぞれの詳しい設定方法は以下でご確認ください

Google Merchant CenterとGoogle広告のアカウント連携

次に、Google Merchant CenterとGoogle広告のアカウントを連携します。

Google Merchant CenterとGoogle広告のアカウントの二つを連携することで、Merchant Center の商品データを基に Google 広告のキャンペーンが作成できるようになります。また、Google Merchant CenterでGoogle 広告の掲載結果のデータが表示できるようになります。

Google Merchant Centerからリンクをリクエストし、Google 広告のアカウント所有者がこのリクエストを承認するという流れになります。

Google Merchat Centerで行う設定

→右上の設定(歯車のアイコン)をクリックし、「リンクアカウント」をクリックします。

Google Merchant CenterとGoogle広告のアカウント連携

[Google 広告]を選択>[あなたの Google 広告アカウント] で該当するGoogle広告アカウントのお客様IDの[アクション]内の[リンク]をクリックします。(以下画像赤枠)

Google Merchant CenterとGoogle広告のアカウント連携

ここまで終えたら次はGoogle広告での操作になります。

Google 広告で行う設定

Google Merchant Center アカウントからリンクリクエストが届くと、Google 広告の [リンク アカウント] ページの Google Merchant Center セクションにその招待が表示されます。

Google広告のホームページ から「ログイン」をクリックしてアカウントにログインします。

ログイン後、右上の「通知」をクリックすると画像のような通知が表示されています。「表示」をクリックします。

Google Merchant CenterとGoogle広告のアカウント連携

アカウントの名前/ホームページアドレスが間違いないかを確認して「VIEW REQUEST」をクリックします。その後「APPROVE」をクリックします。

Google Merchant CenterとGoogle広告のアカウント連携

Google Merchant Centerのリンクアカウントページに戻り、リンクステータスが「アクティブ」であることを確認します。

Google Merchant CenterとGoogle広告のアカウント連携

無事にGoogle Merchant CenterとGoogleアカウントをリンクできました。

広告計測タグを設置する

厳密にいうとGoogleショッピング広告では、「リマーケティングタグ」や「コンバージョントラッキングタグ」を設置しなくても、キャンペーンの作成や広告配信は可能です。

しかし、広告効果を正しく計測し、かつ最適化を図るためには「コンバージョントラッキングタグ」と「リマーケティングタグ」の設置をおすすめします。

特に、コンバージョントラッキングタグは、設置しないと媒体計測ができないため、ぜひとも設置しておきましょう。

コンバージョントラッキングタグ
コンバージョントラッキングタグの設置で、広告経由の購入数や購入金額など、広告の成果を計測できます。

リマーケティングタグ
リマーケティングタグの設置で、ウェブサイトの訪問者が閲覧したページ情報を収集できます。また、リマーケティングリストの作成にも使用されます。

商品データ(フィード)を用意する

Google Merchant Centerにアップロードする商品データを用意します。

Googleショッピング広告をはじめ、データフィード、つまり商品データを活用する広告は、一般的にデータフィード広告といわれています。

他のデータフィード広告同様、Googleショッピング広告においても、Googleショッピング広告の仕様に沿った商品データ(フィード)を用意する必要があります
あらかじめ、商品データ(フィード)の仕様を確認しておきましょう。

本記事で記載している「商品データ(フィード)」は、データフィード、フィード、商品フィード、カタログと同義のものとして使用しています。

Google Merchant Centerに商品データ(フィード)を登録

次に、上記で作成した商品データ(フィード)をGoogle Merchant Centerにアップロードします。

方法は大きく分けて2つあります。

  • 商品を一つずつ追加
  • まとめて商品を登録
    • Google スプレッドシート
    • 定期的に取得
    • アップロード
    • Content API

※ECサイトでカートシステムを利用している場合、Googleショッピング広告と商品データの連携が可能な場合があります。各サービスのサポートサイトを参照する、もしくは問い合わせをしてみましょう。

商品点数が少ない場合でも「商品を一つずつ追加」ではなく、Googleスプレッドシートでの商品登録をおすすめします。Googleスプレッドシートでの管理は、広告に出したい商品の追加や削除が手軽に行えることが魅力です。

Googleスプレッドシートでまとめて商品を登録する場合

Google Merchant Center 商品の登録

左側のメニュー「商品」をクリックし上記の画面から「全ての方法を表示」をクリックします。
国と言語を選び「続行」を押します。

Google Merchant Center 商品情報の登録

「メインフィード名」をつけます。
上記のようにわかりやすい名前をつけましょう。

「Googleスプレッドシート」を選択し、続行をクリックします。
Googleスプレッドシートへのアクセスをリクエストする表示が出た場合は「許可」をしてください。

Google Merchant Center 商品情報の登録

「新しいGoogleスプレッドシートをテンプレートから作成」を選び「アップロードのスケジュールを作成する」を行いましょう。

設定することで、Google Merchant Centerが指定した時刻にスプレッドシートの内容を読み込み、ショッピング広告に出稿する商品を更新します。

画面下部の「フィードを作成」をクリックするとこのような画面が表示されます。
(表示されない場合は左メニューの「商品→フィード」をクリック)

Google Merchant Center 商品情報の登録

「Googleスプレッドシートにアクセス」を押します。
スプレッドシートが表示されるので、商品情報を入力していきましょう。

商品情報を入力する際には 商品ポリシー を守って作成しましょう
上記の商品ポリシーを満たしていない商品は「不承認」となる場合があります。「不承認」になった商品はGoogleショッピング広告に掲載できません。

ワンポイントアドバイス

商品タイトルは最初の15文字が重要です。

Googleショッピング広告

検索結果に表示されるショッピング広告は、上の画像のように商品画像と商品のタイトルが表示されます。

商品タイトルの冒頭15文字程度で見切れてしまう場合があるので、冒頭の15文字以内に商品の特徴がわかる言葉を含めるようにしましょう。

ショッピングキャンペーン作成

商品データの登録ができたらいよいよGoogleショッピング広告を配信していきましょう。

Google広告 にアクセスします。

Googleショッピングキャンペーン作成

概要ページに「新しいキャンペーンを作成」があればクリックします。
概要ページに見つからない場合は、左上の「キャンペーン」へ移動すると画面中央下部に「新しいキャンペーンを作成」が存在するのでクリックします。

Googleショッピングキャンペーン作成

初めはキャンペーンの目標として「販売促進」を選びます。

Googleショッピングキャンペーン作成

その後キャンペーンタイプで「ショッピング」を選択します。
最後にキャンペーンのタイプを選択します。
キャンペーンのタイプは下記の2種類があります。

  • スマートショッピングキャンペーン
  • 通常のショッピングキャンペーン

まず初めは通常のショッピングキャンペーンを選択しましょう。

TIPS

通常のショッピングキャンペーンをオススメする理由:

一定のコンバージョン数が無い状態で、スマートショッピングキャンペーンを利用して自動化してしまうと機械学習が正しく働いておらず、広告成果が安定しない可能性があります。

配信開始直後は手動で細かく調整をおこない、一定数のコンバージョン数を獲得します。その後、自動入札に切り替えることで、広告成果が安定しないリスクを最小化した状態で自動入札を利用できます。

続行をクリックしたら

  • キャンペーン名
  • 入札単価
  • 一日あたりの平均予算

を入力し、「キャンペーンを作成」をクリックすると広告配信の準備が整います。

広告掲載にあたって、アカウントにお支払い情報が入力されていない場合はポップアップが表示されます。案内にそって広告料金のお支払い情報を入力しましょう。

これですべての設定が完了しました!

Google Merchant Centerで承認された商品は随時Googleショッピング広告として配信されていきます。

Googleショッピング広告配信後は?

Google Merchant Centerでの管理を忘れずに

商品フィード登録の際や定期的に審査が行われます。当然のことですが、審査で承認されないとその商品の広告は配信されません。

Google Merchant Centerでは、登録している商品数はもちろん、配信可能な商品・期限切れとなる商品・審査保留中の商品・不承認のため配信できない商品をそれぞれ確認できます。
また、不承認や警告の理由も確認できます。

広告配信後も、意図しない不承認が発生し広告配信機会が損なわれていないかを日々、確認し、問題があれば改善していく必要があります

また、Google Merchant Centerは分析機能も提供しています。例えばカテゴリ別・国別・ブランド別で商品の価格競争力の確認や、ベストセラーレポートでは、特に人気の高いブランドや商品が確認できます。

これらの分析レポートは適切な予算・入札調整の判断にも活用できます。

Google Merchant Centerの活用法については下記の記事で詳しく解説しています。

広告成果を高めるために商品データを最適化しよう

Googleショッピング広告では、商品データ(データフィード)の最適化が広告効果を高めることに繋がります。

データフィード最適化の例

  • タイトルや広告文でしっかり訴求する=クリエイティブ改善
  • ユーザーの検索意図にあわせた商品タイトルや商品情報をしっかり含める=広告の内容と検索クエリのマッチ率を高める
  • セール価格や送料、レビューを表示させる=ユーザーに有益な情報を提供する
  • 商品カテゴリのカラムを活用して柔軟な入札調整を行う

データフィード最適化によるGoogleショッピング広告の改善方法については下記の記事で詳しく解説しています。

まとめ

長くなりましたが、Googleショッピング広告の出稿方法について説明しました。
広告出稿一つとっても大変な作業が必要になりますが、Googleショッピング広告は検索結果より上に広告が表示されることもあり、広告の効果には期待がもてます。
この記事が皆様の助けになれば幸いです。

2022/02/10 松元再編集