こんにちは。フィードフォースで広告運用コンサルタントをしている夏目です。

今回は、Googleショッピング広告や無料リスティング、Google動的リマーケティングの配信に必要となるGoogle Merchant Centerについて解説します。

Google Merchant Centerへの登録方法、審査を通過できない際の注意点、日々の管理方法など、基本だけでなく実践的な使用方法についてもご紹介していきたいと思います。

Google Merchant Center(GMC)とは

Google Merchant Center(Googleマーチャントセンター 以下 GMC)とは、オンラインショップの情報や商品情報を登録し、その品質を管理するツールです。

Google 広告と連携することでGMCに登録した商品をGoogle 上で表示、宣伝できるようになります。
たとえば、Googleショッピング広告無料リスティングGoogle 動的リマーケティングを実施するには、GMCへの登録が必要になります。

GMCを活用した出稿までの流れ

GMCへの登録方法

実際にどんな情報とデータフィードをGMCへ登録し、Googleショッピング広告や無料リスティングが出稿できるのかについて、手順をご説明します。

GMCに登録する

基本設定

オンラインショップの情報を入力する箇所です。
こちらはGMCをはじめて開設する際や、お店やサービス情報に変更があった際に設定を行います。

【GMCの基本設定項目】

  • 所有権証明状況の確認
  • 販売先の国
  • 言語
  • サービス提供地域
  • 通貨
  • 配送の設定(任意)
    特定の国または地域に広告を表示するには、その国や地域への配送サービスを提供し、送料を正しく設定する必要があります。
  • 送料の設定
    送料は、商品グループや配送エリア、注文重量によって異なる送料を設定できます。詳細については下記のヘルプをご参照ください。

オプション設定【例】

  • Google カスタマー レビュー(商品を購入したユーザーからのフィードバックを星の数による5段階評価で表示できるGoogle カスタマーレビューの設定)
  • ローカル在庫広告
    • 実店舗がある場合、店舗の在庫情報などの店舗情報とショッピング広告を連動して、広告が表示できるようになります。
    • 店舗付近にいる買い物客が広告クリック後、店舗の場所、営業時間、ローカル商品在庫が掲載されたページが表示されます。
GMCへの登録(ローカル在庫広告)

商品フィードを作成・反映する

商品フィードの仕様や設定項目は、広告メニューや業種によって異なる場合があります。事前に商品フィードの仕様を確認しましょう

また、フィードには必須・推奨項目があります。必須だけでなく推奨項目の情報を追加することで、レコメンドの精度を高めたり、無料リスティングでは配信面を広げる効果が期待できます。できるだけ推奨項目の情報も追加しておきましょう。

広告メニュー別フィードの仕様

Googleショッピング広告・小売り向け動的リマーケティング

Googleショッピング広告向け商品フィードの仕様は以下をご確認ください。

また基本的に、小売り向け動的リマーケティングにおける商品フィードの仕様はショッピング広告のものと同一となります。

無料リスティング

無料リスティングでは、掲載先(Google検索・画像検索・ショッピングタブ)によって商品フィードの設定項目が異なります

標準リスティングとは、無料リスティングの配信をする際に、商品フィード内に最低限必要な項目となります。この場合、Google検索や画像検索に掲載されます。

標準リスティング(無料リスティングの掲載に最低限必要な項目)

1.ID 2.商品名 3.商品リンク 4.商品画像リンク 5.価格

無料リスティングをショッピングタブにも掲載したい場合は、標準リスティングに加えて、拡張リスティングの項目属性も追加する必要があります

拡張リスティング(無料リスティングをショッピングタブに掲載する際に必要な項目)
※以下に加え、掲載する商品や条件によって追加必須項目あり)

1.ID 2.商品名 3.商品リンク 4.商品画像リンク 5.価格 6,商品説明 7.在庫状況 他

無料リスティングの商品フィード仕様は以下をご確認ください。

Google広告とリンクする

GMCにオンラインショップやサービスの情報、商品フィードの登録を終えたら、Google広告アカウントにGMCで登録した内容をリンクさせます。(Google広告アカウントは別途作成が必要です)

(1)左上の設定(歯車のアイコン)をクリックし、「リンクアカウント」をクリックします。

(2)赤枠の「リンク」をクリックします。

(3)ここまで終えたら次はGoogle 広告での操作になります。

Google 広告のホームページから「ログイン」をクリックしてアカウントにログインします。
ログイン後、右上の「通知」をクリックすると画像のような通知が表示されていますので「表示」をクリックします。

(4)アカウントの名前/ホームページアドレスが間違いないかを確認して「VIEW REQUEST」をクリックします。その後「APPROVE」をクリックします。

(5)Google Merchant Centerのリンクアカウントページに戻り、リンクステータスが「アクティブ」であることを確認します。

無事にGoogle Merchant CenterとGoogleアカウントをリンクできました。

また、はじめての方向けにGoogleショッピング広告の概要とともに、出稿方法も詳しくご紹介している記事がありますので、気になる方はこちらもご覧ください。

審査

はじめて商品フィードを登録した場合、審査に3営業日ほど時間がかかる場合があります。

すでにGMCに登録されている商品フィードの場合は次の取込時間に合わせて審査が行われますが、それを待たずに手動で取込審査の申請も可能です。

審査結果の確認方法については、後述の「GMCの使い方~日々の確認ポイント」にて解説していきます。

審査に際しての注意点~審査通過できないときは?

Googleのポリシーにより審査通過できない事例はさまざまですが、発生頻度の高い事例を挙げていきます。

広告と詳細ページの情報は一致しているか?

ECサイト内の商品データと商品フィード内の商品データは一致させなくてはいけません
価格や在庫情報、言語など情報が一致していることを確認しましょう。

もしポリシー違反の通知が出てしまった場合は、最新のフィードがGoogle Merchant Centerで正常に更新されているかを確認すると解決できる場合が多いと思います。

イメージ画像は適切か?

オーバーレイが発生している

不要な宣伝要素が含まれていない、商品画像の上に商品以外のものが重なって表示されていない画像が必須です。

白地にアイテム単体の画像が必要なため、サイズ・カラー表記などの文字やブランドロゴ、着用画像なども禁止です。

Google Merchant Centerには「画像の自動改善機能」が備わっており、こちらを用いることも可能です。ただし全アイテムに確実に適用できるわけではありません。

GMC 画像の自動改善
(画像引用:画像の自動改善について|Google Merchant Center ヘルプ
成人向けコンテンツに該当している

成人向けコンテンツ以外でも、肌の露出を多く含む画像も禁止のため、仮に成人向けコンテンツとしていなくても、意図せずにGoogleからポリシー違反として不承認になってしまうケースがあります。
例)水着

人物写真

ECアパレル企業などで着用画の画像が多くありますが、本来は白地にアイテム単体の画像でないといけません

現在審査が通っていても、Googleがクローリングした際に警告や不承認になってしまうこともあります。

どれが該当アイテムなのかがわかりにくい

商品単体を表示し演出は最低限または一切含まれないようにします
下記の例の場合、帽子が該当アイテムなのか、それともメガネなのか?が不透明なため、審査で不承認になる可能性があります。

GMC審査:イメージ画像

これが着用画像であればより警告・不承認になる確率は高くなると思います。

わかりやすい理由で審査落ちしている場合もありますが、違反箇所の特定がむずかしいときもあります。

そんな時は、support.google.com/merchants/ に問い合わせて解決に向けて動くしかありません。

強制停止について

警告期間

Google Merchant CenterのアカウントはGoogleが定期的に審査しています。

審査によりGoogleのポリシーに準拠していないことが判明すると、修正を要する問題の例と、問題解決の期限が警告メールで通知されます。

警告期間は、Google Merchant Center アカウント管理画面の [診断] ページにある [アカウントに関する問題] にも表示されます。

[審査をリクエスト] ボタンを押下すると、期限内に審査を1 回申請できます。(警告内容によってリクエスト回数や仕様は変わります)

警告期間中はまだ継続して商品を配信できている状態です。

強制停止

警告期間中に審査を申請した・しなかった場合に関わらず、警告期間の終了時に再度審査がされます。

問題が解決されていれば警告は解除され正常に配信が継続されますが、解決されていない問題がある場合はGoogle Merchant Centerアカウントが強制停止され、すべての商品アイテムが掲載されなくなります

※Google広告アカウントには影響なく、Google Merchant Centerを使用していない他メニューは継続して配信ができます。

もし強制停止になってしまったら

警告時に受けた内容を修正後、[審査をリクエスト] ボタンを使用して審査を申請できます。

停止の場合は、1週間のクールダウン期間というものが発生するため、むやみにリクエストをしてしまうのはやめましょう。

アカウントの強制停止の解消までの流れとしては以下になります。

  1. 停止後、初回の[審査をリクエスト]は連続で2回できる
  2. もし2回とも審査落ちした場合は1 週間のクールダウン期間に入り、その間は審査ボタンが押下できなくなる。
  3. クールダウン期間が終わればまた1回審査にかけられる。2と3が繰り返される。

経験上、再審査の結果は10~30分以内にメールで届きました。

GMCの使い方~日々の確認ポイント

アイテム数、配信可能(承認)アイテム数、不承認アイテムなどを確認

GMC_アイテム数、配信可能(承認)アイテム数、不承認アイテムの確認
カラー意味
配信可能なアイテム。
黄色3 日以内に期限切れとなるアイテム。
期限切れになるまでは引き続き表示されます。
アイテムは、30 日後または expiration date [有効期限] 属性で
指定した日付になると自動的に期限切れになります。
審査保留中のアイテム。
審査が完了するまで広告には表示されません。ショッピング広告の場合、 審査完了まで最大 3 営業日かかることがあります。
不承認になり、配信できないアイテム。
Google のポリシーまたはフィード仕様に準拠していないアイテム。

不承認・警告アイテムの理由も確認できます

全体の数を把握

実際に、不承認・警告アイテムが出た際には、「診断」>「該当の問題」で原因箇所や修正方法を確認できます。

GMC 不承認・警告アイテムの確認

上段赤枠:不承認アイテム(配信できないアイテム)
下段オレンジ枠:警告アイテム(警告はあるが現状は配信できているアイテム)

不承認アイテムが何件あり、全体の何割ほどにあたるのか、過去のクリック数を考慮しどの程度の影響を及ぼすのかを確認できます。

具体的にNG部分の箇所を確認

「該当の問題」の「例を表示」をクリックすると、NGアイテムがいくつか表示されます。
さらにアイテムをクリックすると、問題の原因を確認できます。

GMC 問題の原因を確認

分析

Google Merchant Centerでは商品データを用いてさまざまな分析ができます。ここでは分析できる項目をいくつかご紹介していきます。

「概要」

クリック数やメニュー別のアイテム数を確認できます

GMC クリック数やメニュー別のアイテム数を確認

「掲載結果」>「マイレポート」

無料リスティングの表示回数・クリック数・クリック率の3つの指標を確認できます

※残念ながら現在(2021/10/20時点)、この3つ以外のコンバージョンや売上げなどの指標を確認できません。

また、商品別、ブランド別、カテゴリ別でも確認できますので、見えた傾向を広告の設定で活かせます。

GMC 商品別、ブランド別、カテゴリ別の確認

「成長」>「価格競争力」

カテゴリ別・国別・ブランド別で商品の価格競争力を確認できます

自社で販売している商品と同じものを、他の販売店がいくらで販売しているかが示されます。

各商品について平均価格が表示されるため、広告で他の販売店がクリックを獲得している商品価格を把握できるほか、ベンチマーク価格の推移の指標を集計できます。

GMC カテゴリ別・国別・ブランド別で商品の価格競争力を確認

「成長」>「ベストセラー」

ショッピング広告と無料リスティングで特に人気の高いブランドと商品に加え、現在それらが商品フィードに掲載されているかどうかの情報も表示されます

また、過去のデータを活用して季節的なトレンドを把握したり、予算や入札単価を上げることでパフォーマンス向上が見込まれる商品とブランドの特定にも役立ちます

ベストセラーレポートのデータは毎日更新されますので、自社の業種のカテゴリに絞り、適切な予算・入札調整の判断にも活用できます。

GMC ベストセラーレポート

さいごに

Google Merchant Centerでは商品の登録や審査だけでなく、さまざまな設定や分析ができます。

知識として知っていれば機能を使いこなせる幅に差がでますので、広告の成果面でも大きく変わる可能性があるかもしれません。

まずは正しい設定と審査ポイントを知って、自社商品の表示機会を最大限増やし集客をしていきたいですね。