Googleに、無料で自社商品が掲載できることで注目の「無料リスティング」。

じつは、「無料リスティング」のパラメータの設定をしない場合、基本的にはGoogle ショッピング タブ の無料リスティング(旧 Google 掲載)の成果は、計測ツール上ではオーガニックの成果として計測され、「無料リスティング」の成果を確認できません。

また、Googleショッピング広告を実施している場合、基本的にGoogle Merchant Centerにアップロードしている商品フィードは「無料リスティング」と共通で使用することになるので、どうやって計測パラメータ―を分ければいいのか?という疑問にあたると思います。

そこで今回は、「無料リスティング」の成果を詳しくみたい、Google AnalyticsやAdobe Analyticsなどの計測ツールでオーガニックと無料リスティングの成果を分けて確認したいという方のために、パラメータ―付与の方法をお伝えしたいと思います。

無料リスティング(旧 Google 掲載)とは?

2020年10月に、Googleショッピングタブに無料で商品掲載ができる「無料リスティング」が公開されました。

Googleショッピング広告を配信していたアカウントに関しては、Google Merchant Centerを通じて商品フィードをアップロードしていた場合、「無料商品リスティング」がオンになっていると(基本的には自動オン状態)、Google ショッピング タブ の無料リスティング枠に掲載が開始されていると思います。

Google ショッピング タブ の無料リスティングに商品を掲載するには「Google 掲載」へ対応する必要があります。

【速報】Google ショッピング タブの無料リスティングがローンチ|dfplus.io Blog

Google ショッピング タブ の無料リスティング(Google 掲載)
Google ショッピングタブ

トラフィックの計測は基本的にGoogle Analyticsで確認する

Google Merchant Centerでは、「無料リスティング」のクリック数を確認することは可能ですが、表示回数や購入数を確認することはできません。

そのため、CVへの貢献度の計測については、Google Analytics上で計測することになります。

「無料リスティング」のパラメータ―付与の方法

①「無料リスティング」のパラメータ―を設定

「無料リスティング」のランディングページは、商品フィードの link [商品リンク] 属性または mobile_link [モバイルリンク] 属性を使用します。

※従来この2つのカラムはGoogleショッピングのランディングページ用に使用していたと思いますが、「無料リスティング」と計測パラメータ―を分けるためには、それぞれランディングページのカラムを分ける必要があります。

link [商品リンク] 属性または mobile_link [モバイルリンク] 属性の設定

「ランディングページURL」「計測ツールパラメータ―」

例)GoogleAnalyticsのパラメーター
https://google.jp/freelisting?utm_source=google&utm_medium=shopping&utm_campaign=free

➁Googleショッピング広告用のパラメータ―を設定

Googleショッピング広告用のランディングページは商品フィードの ads_redirect [広告用自動転送リンク] 属性で指定します。

こちらのカラムはlink [商品リンク] 属性または mobile_link [モバイルリンク] 属性よりも優先されるので、Google広告の配信の際は必ずこのカラムが使用されることになります。

ads_redirect [広告用自動転送リンク] 属性の設定

「ランディングページURL」

例)GoogleAnalyticsのパラメーター
https://google.jp/freelisting?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=shopping

➂注意事項

link [商品リンク] 属性または mobile_link [モバイルリンク] 属性でトラッキング パラメータを使用する場合は、canonical_link [正規リンク] 属性を使用して正規 URL を指定することをおすすめします。

canonical_link [正規リンク] 属性を使用して、商品が Google 検索インデックスの正しい URL に関連付けられていることを確認します。この属性の URL はユーザーに表示されませんが、これにより Google での商品の識別精度を高められます。

※参照元:https://support.google.com/merchants/answer/9826542?hl=ja

これらの設定を正しく行うことで、GoogleAnalyticsやAdobeAnalyticsなどの計測ツールで、「無料リスティング」の成果が確認できるほか、Google広告の成果も引続き、計測できます。

「無料リスティング」の成果をGoogle Merchant Center内で確認する方法

Google Merchant Center内で成果を確認できる箇所は2つあります。

1.左のナビゲーションの「概要」:クリック数の日次グラフを確認できます。

「Google 掲載」の成果をGoogle Merchant Center内で確認

2.左のナビゲーションの掲載結果>マイレポート

「表示回数」「クリック数」「クリック率」がグラフで確認できます。
さらに、グラフ内のセグメントのトラフィックから「商品別」「ブランド別」「カテゴリ別」のいずれかをクリックすると、それぞれの詳細が確認できるページに遷移し、同じく「商品別」「ブランド別」「カテゴリ別」で「表示回数」「クリック数」「クリック率」を確認できます。

「Google 掲載」の成果をGoogle Merchant Center内で確認

さいごに

Google ショッピング タブ の無料リスティングの掲載が始まり、多いアカウントだと1日に何千のクリックを獲得しています。

そんな中、無料リスティング単体の成果を見たいという方も多かったのではないでしょうか?

まだ無料リスティングの掲載準備が整っていない、という方はフィード支援からGoogleショッピング広告の運用まで実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。