こんにちは、フィードフォースで広告運用コンサルタントをしている山口です。

広告配信したい商品やサービスはあるものの、遷移先がなくて困ったことはありませんか。

Facebook、Instagram広告のインスタントエクスペリエンスの活用で簡単に魅力的な遷移先LPを作成できます。

今回は、インスタントエクスペリエンスの活用方法についてご紹介します。

インスタントエクスペリエンスとは

インスタントエクスペリエンスの活用で、Facebook、Instagramのモバイルアプリ利用者向けに最適化された広告専用の遷移先LPを作成できます。

商材や訴求したい内容に合わせて作成可能で、フルスクリーンで表示されるためユーザーに興味関心を持ってもらいやすい魅力的なランディングページができます。

読み込みスピードも早いため、興味関心が高いユーザーの来訪を促すことができ、サイトの離脱を防ぐ効果も期待できます。

※作成したインスタントエクスペリエンスは、広告配信時のみに活用でき、オーガニック投稿の遷移には活用できないのでご注意ください。

インスタントエクスペリエンスとは
画像引用元:Facebookインスタントエクスペリエンス: 推奨スペック

インスタントエクスペリエンスのメリット

それではまず、メリットについて紹介します

簡単に広告専用の遷移先LPを作成できる

Facebookで用意されたテンプレート(後述)があるため、WordPressなどの知識がない方でも簡単に遷移先LPを作成できます。

商材や訴求内容に応じて自由にカスタマイズが可能なため、活用シーンに合わせたオリジナルの遷移先を作成できます。

訴求したい内容に合わせた配信目的の選択

インスタントエクスペリエンスを活用できる配信目的は多数用意されているので、幅広く活用できます。

詳細は、インスタントエクスペリエンスを活用できる配信目的(後述)をご確認ください。

読み込みスピードが早い

インスタントエクスペリエンスは、モバイル利用者向けに最適化された広告専用のLPです。

標準的なモバイルウェブよりも最大で15倍速く読み込み可能なため、離脱率の改善にも繋がります。

インスタントエクスペリエンスのデメリット

続いて、デメリットについて紹介します。

デスクトップ面には広告配信できない

インスタントエクスペリエンスを活用している広告はモバイル面のみ配信可能なため、デスクトップ面には広告配信ができません。

ECサイトなどであれば影響範囲は少ないと思いますが、デスクトップ面経由でのサイト流入やCV(コンバージョン)に至るサイトや商材は、配信に適さない可能性があります。

一度編集を完了したら、その後はクリエイティブ修正ができない

インスタントエクスペリエンス作成時の注意点としては、一度作成したクリエイティブの修正ができない点です。

再度、編集する場合には、下書き保存しておくことをおすすめします。

インスタントエクスペリエンスの配信目的と配信面

実際にどのような配信目的で広告配信できるか確認しましょう。

【配信目的一覧】

  • ブランド認知
  • リーチ
  • トラフィック
  • エンゲージメント
  • アプリのインストール
  • 動画の再生数アップ
  • コンバージョン
  • カタログ販売
  • 来店数の増加

続いて、広告の配信面です。

実際に入稿する広告フォーマットによって、配信面が異なります。

【シングル画像またはシングル動画】

  • Facebookニュースフィード
  • Facebook Marketplace
  • Facebookグループフィード
  • Facebookストーリーズ
  • Facebook上の検索結果
  • Instagram発見タブ
  • Instagramフィード
  • Instagramストーリーズ

【カルーセル】

  • Facebookニュースフィード
  • Facebook Marketplace
  • Facebookストーリーズ
  • Facebook上の検索結果
  • Instagramフィード
  • Instagram発見タブ

【コレクション】

  • Facebookニュースフィード
  • Facebook Marketplace
  • Instagramフィード
  • Instagram発見タブ

インスタントエクスペリエンスのテンプレート一覧

インスタントエクスペリエンスには、さまざまなビジネス目的に最適化されたテンプレートが用意されています。

テンプレートの利用で、作成プロセスを簡略化できます。

顧客獲得

購入や登録などのアクションを促したい時に最適なテンプレートです。

既存ユーザーの購入促進の他に、新規ユーザーにブランドや商品の認識向上を図りたい時にも向いています。

インスタントエクスペリエンスで興味喚起し、登録ページ、サブスクリプションページ、購入ページなどに誘導できます。

顧客獲得では、画像や動画の他にテキスト、ボタンをカスタマイズして作成できます。

インスタントエクスペリエンス(顧客獲得)
画像引用元: Facebookインスタントエクスペリエンス

ストーリーテリング

顧客獲得のテンプレートに似ていますが、ストーリーテリングの方がコンポーネント(画像、テキスト、動画)の数が多く配置されているため、多くの情報をユーザーに訴求できます。

認知向上が目的でユーザーに多くの情報を伝えたい場合は、ストーリーテリングのテンプレートを活用するのがいいでしょう。

興味を惹く画像や動画でブランドの魅力を伝え、サイトやアプリでさらに詳しく知りたいと思ってもらえるようなクリエイティブが効果的です。

ストーリーテリングでは、画像や動画の他にテキスト、ボタンをカスタマイズして作成できます。

インスタントエクスペリエンス_ストーリーテリング
画像引用元: Facebookインスタントエクスペリエンス

フォーム

BtoBなどでリード獲得したい時に最適なテンプレートです。

外部サイトへの遷移なしに、フォーム入力が完了できるため、資料請求などで必要な連絡先情報の入力ハードルが下がる利点があります。

インスタントエクスペリエンス_フォーム
画像引用元: Facebookインスタントエクスペリエンス

ストアフロント

単品商品ではなく複数商品を訴求したい時に適しているテンプレートです。

Facebookビジネスマネージャ内で作成したカタログを活用することで、商品一覧ページの作成ができます。

広告に表示する商品は最大4点まで表示できます。

商品選択をする際、[ダイナミックに選択]機能を活用すると、カタログに紐付いている商品から人気商品や購入の可能性が高い商品が自動選択のうえ、配置されるため、サイト流入の向上が見込めます。

インスタントエクスペリエンス_ストアフロント
画像引用元: Facebookインスタントエクスペリエンス

ライフスタイルカタログ

一見、ストアフロントと似たようなクリエイティブと思われがちですが、ストアフロントとライフスタイルカタログの違いは、商品の見せ方が違います。

ストアフロントは、商品一覧ページのように多くのアイテムをまとめて見せられるのに対して、ライフスタイルカタログは、実際に商品が使われる様子の写真を活用することで、利用イメージをユーザーに訴求できます。

商品のタグ付けも可能で、購入後のイメージを想像させることができます。

ユーザーが特定の商品を気になった際はサイトの商品詳細ページに遷移し、その後購入も可能です。

また、これらのあらかじめ用意されたテンプレートではなく、独自のレイアウトを利用したい場合は、カスタムインスタントエクスペリエンスを作成できます。

インスタントエクスペリエンス_ライフスタイルカタログ
画像引用元: Facebookインスタントエクスペリエンス

相性の良い商材とは

Facebookで用意されたテンプレートだけではく、商材や訴求内容に応じて自由にカスタマイズできるため、どんな商材でも相性はいいでしょう。

特に、ファッション・ECサイトの新規顧客の獲得やモバイルショッピングの促進、認知度の向上を図りたい時に有効と言えます。

インスタントエクスペリエンスのベストプラクティス

ここからはインスタントエクスペリエンスのベストプラクティスについて紹介します。

ユーザーが思わずクリックしたくなる訴求や広告クリエイティブを作成する

広告をクリックしたあとにインスタントエクスペリエンスに遷移するため、詳細を見たいと感じさせるような訴求内容やクリエイティブが必要です。

広告を見た段階からユーザーを惹きつけられれば、その後の離脱率も抑制できます。

ファーストビューでブランドロゴや名称がわかるように設計する

広告表示した内容と遷移先の内容を一致させる必要があります。

ファーストビューでブランドロゴや名称がわかるように設計することで、広告内容と遷移先の内容が関係していることが伝わりやすくなります。

広告と遷移先にて繰り返しブランドロゴなどを表示することで、ユーザーの記憶にも残りやすくなるため、認知度向上の効果もあるでしょう。

訴求内容を広告とインスタントエクスペリエンスで繰り返し訴求する

ユーザーによっては、インスタントエクスペリエンスを最後まで閲覧するとは限らないため、訴求内容を広告とインスタントエクスペリエンスで繰り返し訴求することをおすすめします。

インスタントエクスペリエンスでは、LP全体で訴求内容を強調するとユーザーの興味を維持できます。

インスタントエクスペリエンスは、写真や動画とテキストを組み合わせる

1枚の静止画や動画よりも、7つ程度のコンポーネントから構成されている長いインスタントエクスペリエンスのほうが効果的です。

コンポーネントでは、写真や動画、テキストだけでなく、CTAボタンなども組み込めるとさらに良いでしょう。

さいごに

いかがでしたか。

この記事では、インスタントエクスペリエンスの概要や成果につながるベストプラクティスについて紹介いたしました。

Feedmaticでは、ダイナミック広告だけではなくスタティック広告もご支援可能ですので、Facebook広告の配信をご検討の際はお気軽にご連絡ください。