Criteoを運用していて、

「リターゲティング広告の効果がいまいち伸びない・・・」
「リターゲティングだけでなく、流入目的の広告も使った方が良いのだろうか・・・」

とお悩みのマーケターの方も多いのではないでしょうか。

この記事ではCriteoで新規流入を獲得するためのメニューであるCriteo トラフィックジェネレーション(旧:Web Consideration)について、わかりやすく解説します。

この記事では、「どのようにCriteoを使って新規流入を獲得できるのか?」が分かるようになっていますので、ぜひご一読いただけたらと思います。

Criteo トラフィックジェネレーション(旧:Web Consideration)とは?

Criteo トラフィックジェネレーションとは、Criteoが提供する新規トラフィック獲得のための配信メニューです。

商品やサービスの検索、比較、別ブランドの検討などの「検討段階」にあるユーザーに対して広告を配信し、サイト流入・売上につなげます。

Criteoの機械学習により、ユーザーの興味関心に合わせた最適な商品がレコメンドされるため、関心度の高い見込み顧客のサイト流入の強化が可能です。

Criteo トラフィックジェネレーションの特徴とメリット

Criteo トラフィックジェネレーションの特徴をまとめると以下のようになります。

  • 新規トラフィック獲得に向けた、「商品・サービスに関心を持つ可能性の高い新規見込み顧客に対してサイト流入を強化するためのキャンペーン」
  • 類似ブランドの商品を検索したタイミングなど、検討段階において効果的に広告を表示されるため検討層ユーザーのサイト流入が可能
  • 検討段階にある新たな見込み顧客を自社サイトへ誘導することで、将来的にリターゲティング広告でCVにつながるような顕在層の獲得が期待できる
  • 興味関心などの柔軟性の高いオーディエンス設定を行える
  • リターゲティング広告の機械学習への好影響が期待できる
  • Criteoでのリターゲティング広告の実施が必須条件ではない

Criteo Customer Acquisition(CCA)との違い

Criteoが提供する新規顧客獲得向けの配信メニューには、Criteo Customer Acquisition(以下、CCA)というものもあります。

Criteo トラフィックジェネレーションは見込み顧客のページ訪問を目的としているのに対し、CCAはコンバージョン獲得を目的としているのが大きな違いとなります。

一般的にCriteo トラフィックジェネレーションは、CCAと比較してコンバージョンを獲得しにくい分、より安価にインプレッション数・クリック数を獲得できます。

このCCAとCriteo トラフィックジェネレーションの違いをまとめると以下の表のようになります。

Criteo トラフィックジェネレーションCCA
目的見込み顧客のページ訪問コンバージョン獲得
課金方式CPM課金CPC課金
入札エンジンVISTO
BVO
CO、ACO
RO、ARO
BCO
Criteo トラフィックジェネレーションとCriteo Customer Acquisitionとの違い

目的の違いに伴い、課金方式についてもCriteo トラフィックジェネレーションではCPM課金、CCAではCPC課金と異なっています。

また入札エンジンについては、Criteo トラフィックジェネレーションはVISTOエンジン(クリック最適化)またはBVOエンジン(予算消化を優先させながらクリック最適化)を選択します。

BVOエンジンは配信量を担保させたい場合に用いるため、基本的にはVISTOエンジンを利用することとなります。

  • VISTOエンジン:サイト流入の強化を目的とした手動入札エンジン
  • BVOエンジン:目標Budgetの中でサイト訪問数を最大化させる自動入札エンジン

Criteoの新規顧客獲得を目的とした広告配信では、良質なユーザーのサイト流入数を優先させたい場合はCriteo トラフィックジェネレーションを、サイト流入数よりもコンバージョンを獲得したい場合はCCAを選択することをおすすめします。

Criteo トラフィックジェネレーション配信の仕組み

実際にどのように新規ユーザーの流入につながるのか、Criteo トラフィックジェネレーション配信の仕組みを説明します。

以下の流れで配信が行われます。

  1. オーディエンスを設定する
  2. 指定したオーディエンスに対して広告配信が行われる

Criteo トラフィックジェネレーションでは設定できる箇所が他の配信手法と比べて少ない分、オーディエンスの設定が重要です。

Criteo トラフィックジェネレーションで指定できるオーディエンスは以下のとおりです。

選べる項目
興味関心興味・関心: 数千件も及ぶの商品カテゴリーのリストから選択し、商品の価格帯の商品に関心を示したユーザーにリーチ

例)
ペット・ペット用品
芸術・エンターテイメント
ビジネス・産業
カメラ・光学機器
ファッション・アクセサリー(ファッション小物、靴、財布など)
電気製品
食品・飲料
家具
美容・健康
ホーム・ガーデン
ベビー用品
Diy用品
メディア
乗り物・パーツ
オフィス用品
スポーツ用品
おもちゃ・ゲーム
ソフトウェア
旅行用かばん・バッグ

※「ファッション>ファッション小物>ハンカチ」など上記よりも細かい分類単位で選択可能
※価格帯も3段階で選択可能
Brandブランド: 小売、電化製品、自動車など、業種全体で数千以上のブランド名のリストから選択

例)
Adidas
Apple
Adobe
Beams
G-Shock
LG
Louis Vuitton
Yohji Yamamoto
など
デモグラフィック性別(女性・男性・すべての性別)
消費習慣(価格帯に応じて4段階)
ロケーション自由度高く場所の指定が可能
顧客リスト顧客リストを除外・含めた状態での配信が可能

上記の中からオーディエンスを絞り込みます。

オーディエンスを絞り込み過ぎてしまうとCPMが高くなり、クリック単価が高くなることにつながるため、オーディエンス設定後に表示される推定オーディエンス数を参考にやや広めの設定をすることをおすすめします。

【弊社事例】Criteo トラフィックジェネレーション導入後1ヶ月目からROAS100%以上に!

弊社がお任せいただいているアカウントにてCriteo トラフィックジェネレーションを配信した事例をご紹介します。

  • 課題:Criteoにてリターゲティングキャンペーンを配信していたものの、売上を思うように伸ばせない状況だった。
  • 結果:リターゲティングキャンペーンについても配信量を拡大することができCriteoによる売上を約15%拡大できた。

本事例では、Criteo トラフィックジェネレーションキャンペーンは既存のリターゲティングキャンペーンと比較してCPCが30%以上低く、効率的に流入獲得に貢献しました。

流入が獲得できたことでリターゲティングキャンペーンの機械学習が進み、CVRが2pt程度改善され、全体の売上拡大に繋がった形です。

また驚くことに、Criteo トラフィックジェネレーションキャンペーン単体で見ても、ROASが初月150%程度、2ヶ月目500%程度で推移していました。

このことからも、Criteo トラフィックジェネレーションは流入目的のキャンペーンであるにも関わらず一定以上のコンバージョンを獲得でき、広告費以上の収益をもたらしてくれる可能性が十分あると考えられます。

Criteo トラフィックジェネレーションを配信するための条件

Criteo トラフィックジェネレーションを配信する際に必要となる条件や、注意点は以下の通りです。配信する前に一度確認しておきましょう。

  • 原則として予算50万円/月以上が必要
  • VISTOエンジンまたはBVOエンジンのみ利用可能

Criteo トラフィックジェネレーションにはCCAのような「リターゲティング広告を実施済みであること」のような厳しい実施条件はありません

そのため、リターゲティング広告を実施していないけど「将来のサイト売上を見据えて今から流入を確保しておきたい」というニーズにはぴったりなメニューとなっています。

まとめ

Criteoの新規流入の獲得メニューであるCriteo トラフィックジェネレーション(旧 Web Consideration)は、興味関心や顧客リストからユーザーを絞り込み見込みのあるユーザーをサイト流入させる広告手法です。

Criteo トラフィックジェネレーションは、ただ単にリターゲティング広告の効果を伸ばすだけでなく、それ自身もコンバージョンを獲得できた実績があります。

そのため、流入目的でありながらかなり見込みの高いユーザーに対して広告を配信することができる配信メニューといえます。この機会にCriteo トラフィックジェネレーションを試してみてはいかがでしょうか?