こんにちは。フィードフォースで広告運用コンサルタントをしている船生です。

今回は、Google広告のダイナミックメニュー、Google動的リマーケティング(以下 GDR)やスマートショッピングキャンペーンを実施されている方に向けて、タグの発火チェックの方法をご紹介します。

リスティング広告や静的ディスプレイ広告では、リマーケティングタグとCVタグくらいしか必要ないですが、ダイナミック系のメニューになるとイベントがたくさんあるうえにIDや価格を取得しなければならず、発火を確認する方も大変ですよね。

「ROAS計測しているけど、そういえばタグの発火チェックで価格はどこから確認するんだろう?」という方は本記事でチェック方法をご確認いただければと思います。

Google広告(GDR、スマートショッピングキャンペーン)ではタグでID、価格の取得が必要になる

GDR、スマートショッピングキャンペーン広告の場合、基本的に全イベントで商品IDの取得が必要になります。

さらに、「view_item」では商品の価格を、「add_to_cart」「purchase」ではカート内の合計金額を取得する必要があります

Googleタグの発火チェック方法は2種類

Google広告のタグ発火は、Google Tag Assistantで確認できます。

Google Tag Assistantとは、Googleが公式に提供しているタグチェックツールです。
Chrome拡張機能になります。

ブラウザ右端の「拡張機能」からピン留めしておくと便利です。

Google Tag Assistant
ブラウザ右端の「拡張機能」からピン留め

タグ発火の基本的な項目はGoogle Tag Assistantのポップアップから、より詳しい内容は詳細レポート(別タブ)から確認できます

Google Tag Assistantのポップアップから確認する(イベント、IDの確認)

イベント、商品IDはブラウザのポップアップから確認できます

まず、ブラウザで発火チェックしたいサイトを開いたら、Google Tag Assistantのアイコンをクリックします。

ポップアップ画面が開きますので、「Enable」をクリックします。

Google Tag Assistant
「Enable」をクリック

ページを再読み込み(F5)して、もう一度Google Tag Assistantのアイコンをクリックします。すると、タグアシスタントがレコードを始めます。

Google Tag Assistant
タグアシスタントがレコードを開始

一覧からチェックしたいタグIDを探し、クリックします。

Google Tag Assistant
確認したいタグIDの行をクリック

「Request」をクリックします。

Google Tag Assistant
「Request」をクリック

タグで取得しているイベント、変数の内容が確認できます。

Google Tag Assistant
イベント、変数の内容を確認
Google Tag Assistant

画像では詳細ページでイベント「view_item」と商品IDを正しく取得していることが確認できました。

同じ要領で、各ページでGoogle Tag Assistantのポップアップを見れば、そのページで発火しているタグが確認できます。

詳細レポートから確認する(イベント、ID、価格の確認)

先ほどのポップアップでは、イベント名と商品IDは確認できますが、価格の欄がありませんでした。

Google Tag Assistant

カートのページに行くと欄が増えるのかな?と思われたかもしれませんが、増えません。

では、カートページ、CVページで価格がきちんと設定されていることはどのように確認すればよいでしょうか。

価格は「詳細レポート」から確認できます

使い方を見ていきましょう。

詳細な発火内容や、見づらいタイミングのトリガー(ボタンクリックなど)、また変数の価格(Value)を確認したい場合は、Record機能を使用します

Google Tag Assistantのポップアップで、「Record」ボタンをクリックします。
Recordをクリックした時点からの記録になるので、目的のページに行く前にまずはクリックしておきましょう。

Google Tag Assistant
「Record」をクリック

「View Recordings」をクリックします。

Google Tag Assistant
「View Recordings」をクリック

「Upload Report」をクリックします。

Google Tag Assistant
「Upload Report」をクリック

別タブにレポート画面が開きます。
「TAG ASSISTANT REPORT」のタブをクリックします。

Google Tag Assistant
「TAG ASSISTANT REPORT」のタブをクリック

元のタブ(見たいサイトを開いているタブのほう)でページを再読み込みします。

ページが更新されると、レポートタブのほうで「Update」とポップアップが出ますので、クリックします。以降、適宜Updateをクリックしてください。

Google Tag Assistant
Updateをクリック

レポートタブ左端のチェックボックスから、見たいタグID以外のチェックを外します。
「Request」をクリックして展開します。

Google Tag Assistant
「Request」をクリックして展開

「URL」の項目を見ると、Valueが通信内容に含まれていることがわかります。
ここで金額を確認し、意図通りになっていればOK
です。

Google Tag Assistant
「URL」の項目を見ると、Valueが通信内容に含まれている

チェックが終わったら、ブラウザを閉じるか、ポップアップから「STOP RECORDING」をクリックして終了してください。

Google Tag Assistant
「STOP RECORDING」をクリックして終了

まとめ

以上がGoogle Tag Assistantを使ったタグの発火チェック方法です。

ポップアップでイベント、IDを確認する方法と、詳細レポートで価格を確認する方法の2パターンをご紹介しました。

スマートショッピングキャンペーンなど、ROAS目標での運用時にはタグで正確な価格が取得できていることが大切になります。

本記事がGoogleのダイナミック系メニューを配信されている方の参考になればと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。